yumetodoの旅とプログラミングとかの記録

旅や登山の記録やプログラミング関連の話とかフリーソフト紹介とか

MinecraftのMod PackであるUltimate Alchemyの攻略 Part8

はじめに

今回は攻略じゃなくてバグと戦っていました。次回から普通に攻略します。

このMod packに存在する既知のバグ

本題に触れる前に、わかってるのにうっかり踏んでしまうバグがあるので忘れないために書いておく。

FFMのBottlerのレシピをJEIからRefined Storageのクラフト画面上に呼び出そうとするとクラッシュするバグがある。

github.com

幸いワールドデータが破損したりはしない。

やばいクラッシュ

本題だ。前回の記事以降もいくつか自動クラフトのレシピを登録していって、Quartz Enriched Ironを64個クラフトする指示を出したときのことだった。

唐突にクラッシュした。

何回ワールドに入り直しても、ワールドが表示された瞬間に落ちる。

クラッシュログがこちらだ。

https://pastebin.com/SW9dfzj0

java.lang.IllegalStateException: Can't fill up inventory even though we could
    at com.raoulvdberge.refinedstorage.apiimpl.autocrafting.task.CraftingTask.updateProcessing(CraftingTask.java:694)

などと言われていて、自動クラフトが原因で落ちていることがわかる。

github.com

検索すると既知のバグで開発版ではすでに治っているらしい。
commit 8673c02, c77128e, 6c916a5が該当か?

そうはいってもまずワールドに入れないのは困る。

MCEditでの復旧

MCEditが古い情報ばかりで英語わからない人だったらお手上げなんじゃないだろうか。

なるべく詳細に記述する。

MCEdit - World Editor for Minecraft

から最新版(2.0.0-beta14)を落としてきた。展開してmcedit2.exeを起動する。

起動画面

自分の場合はバニラで配布ワールドを遊んでいたときのが候補に出てきているようだ。

Open Another Worldをクリックする。するとファイル選択画面が出てくる。

セーブデータを開く

自分の場合には

C:\Users\yumetodo\Documents\Curse\Minecraft\Instances\Ultimate Alchemy\saves\New World\level.dat

がセーブデータのパスだったのでこれを開いてあげる。

するとワールドが開かれる。

操作方法は、WSADで前後左右の移動、右クリックで視点変更と固定の切り替えができるようだ。

左のバーの中のInspect Blockを選択した状態でRefined StorageのControllerをクリックする。テクスチャが読めなくて?になっているが、ブロックの配置とかでわかるはずだ。

編集

するとTile Entity NBTというtabがある画面が出てくる。0のところのValueを見るとrefinedstorage:controllerとなっている。正しく選択できたようだ。

0->Tasks->0->Task->Processingが自動クラフトの進行中の中身だ。一つ一つはどのクラフトレシピを呼び出してどこのCrafterが担当か、InputとOutputはなにか、などが記述されている。

自動クラフトが原因で落ちていたのだから、この作業中のを吹き飛ばせばうまくいくはずだ。

0->Tasks->0->Task->Processing以下すべてを右の赤い-ボタンを押して消して中身を空にした。

あとはSaveしてMCEditは終了、普通に起動すると無事にワールドに入ってもクラッシュしなくなった。

ちなみにクラフト情報を見ると空になっていたのでいじった場所はあっていたようだ。勘だったんだけど合っててよかった。

AromaBackup導入

あんまりMod packをいじりたくはないんだけど、バックアップMODがないとかありえないのでこれを期に導入した。使ったのはおなじみAromaBackup。設定とかいろいろあるけど特にいじらなくてもいい感じにやってくれる。依存のAroma1997Coreと一緒にmodフォルダにぶちこんで終わり。

起動すると早速バックアップが作られた。

Part7<<Prev | Next >>まだ