yumetodoの旅とプログラミングとかの記録

旅や登山の記録やプログラミング関連の話とかフリーソフト紹介とか

ノートPCのモニターが壊れた

my note pc was broken

2017/06/20のことだ。

その日は介護等体験の体験日通知なるイベントがあり、その前に必要書類を書くために大学でノートPCを起動していた。

14:40、そのイベントに参加するためにノートPCをスリープにした。極めて一般的に日常的な操作だ。

さて、そのイベントが終わり遅い昼食をとって再びノートPCを起動しようとした。16:30くらいだったろうか。

・・・いきなり冒頭の写真の状態だ。ワケガワカラナイヨ

とにかく作業中のデータをどうにかしたいがまずは休止状態にしてやる必要がある。友人の手を借りてどうにかコマンドプロンプトから休止状態にした。

家に帰って翌日、自宅のBDレコーダーとテレビをつないでいたHDMIケーブルを拝借してどうにか作業を保存し電源を切った。

これはつないでいた時の壊れたモニターの写真だ。


さて、修理をどうするか。メーカー保証なんてとっくに切れているし修理屋に見積もりを取るしかなさそうだ。

Yahoo知恵袋のloadが遅すぎる

問題のページは

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これだ。死ぬほど遅い。Chromeだとタブが死んでしまう。Firefoxだと重いscriptを止める機能があるので

止められるだけマシだが、我慢ならない。そもそもhttps://s.yimg.jp/images/search/slink/direct/pc/1.0.0/js/directlink.min.jsとはなんぞや。

https://s.yimg.jp/images/search/slink/direct/pc/1.0.0/js/directlink.min.js · GitHub

Webarchvesを辿って(といっても比較的新しいファイルらしく、先月からしか辿れなかった)Gistにまとめた。地味にgitの履歴改ざんのやり方が分からず苦戦した。

Firefoxで糞重いのをどうにか我慢して調べたところ

https://gist.github.com/yumetodo/15b51e1ebd8b86cd533e6c5087009ab2#file-directlink-js-L482-L496

        getMatchPosition: function(e, t) {
            var i, n = t.map(function(t) {
                for (var i = e.length;;) {
                    if (i = e.lastIndexOf(t, i - 1), -1 === i) break;
                    var n = /^[a-zA-Z0-9a-zA-Z0-9]/.test(t),
                        r = /[a-zA-Z0-9a-zA-Z0-9]$/.test(t),
                        o = /[a-zA-Z0-9a-zA-Z0-9][ \t ]*$/.test(e.substr(0, i)),
                        a = /^[ \t ]*[a-zA-Z0-9a-zA-Z0-9]/.test(e.substr(i + t.length));
                    if (!(n && o || r && a)) break
                }
                return [i, t]
            });
            for (i = 0; i < n.length; i++)
                if (-1 !== n[i][0]) return n[i]
}

どうもLinker.prototype.getMatchPositionが暴走しているらしい。勘弁してくれ。

sshで東京理科大学のLinux 環境を利用する方法

はじめに

東京理科大学のIT環境がいろいろクソな件は

東京理科大学の無線LANセキュリティ 傾向と対策 — 173210’s Blog

これまでさんざん言及されてきた。

ここで、

平成29年度の Linux 環境について

を見てみよう。なになに?「CentOS 5」から更新した?せやな、で何になったんだい?CentOS 7?

理科大CentOS 6です」 私「F**king!」

理科大にはLinux 環境がある

まあそんなかんじでツッコミどころ満載ではあるが、一応Linux環境が存在する。

ここで、学内からのみアクセスできる
リモートからの Linux 環境の利用方法
にVcXsrvを利用してアクセスする方法が載っている。

ん?Xがリモートで動くならSSHできるんじゃね?

SSHする

まず大前提当たり前だがVPSをつかうなり、理科大Wifiに接続するなりして学内ネットワークに入る必要がある。

あたりをみて設定してほしい。当然東京理科大学の学生である必要がある。

それからsshするために今回はmsys2を利用した。WindowsC++erをしてるなら当然持っているはずだ。

次にSSHする先のアドレスを調べる。がじつはtelnetサーバーと共用である。

平成29年度の教育環境について

を見ると

キャンパス telnet/sshサーバ
葛飾キャンパス tusedt000.ed.tus.ac.jp
神楽坂キャンパス tusedt000.ed.tus.ac.jp
野田キャンパス nodat000.ed.tus.ac.jp
長万部キャンパス oshat000.ed.tus.ac.jp
諏訪東京理科大学 suwat000.ed.tus.ac.jp

ではsshする。

student_id= #任意の学籍番号
server_url= #上記表参照
ssh ${student_id}@${server_url}

するとパスワードを聞かれる。学内システム共通のパスワードを入力しよう。

めでたくSSHに成功した。

$ git --version
git version 1.7.1
$ gcc --version
gcc (GCC) 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-17)
Copyright (C) 2010 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
$ clang --version
clang version 3.4.2 (tags/RELEASE_34/dot2-final)
Target: x86_64-redhat-linux-gnu
Thread model: posix
$ nano --version
 GNU nano version 2.0.9 (compiled 07:18:28, Nov 12 2010)
 (C) 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007
 Free Software Foundation, Inc.
 Email: nano@nano-editor.org    Web: http://www.nano-editor.org/
 Compiled options: --enable-color --enable-extra --enable-multibuffer --enable-nanorc --enable-utf8

とかして悲しもう。