読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumetodoの旅とプログラミングとかの記録

旅や登山の記録やプログラミング関連の話とかフリーソフト紹介とか

ChemBioOfficeがActiveXとかいう太古の技術に依存している件

化学をやっている人間なら名前くらいは聞いたことがあるだろう、ChemBioOfficeのお話だ。

東京理科大学では学生に無償で使えるように契約してくれているのでもちろん私も自分のPCに入れて使っている。

で、これが1年更新だ。ライセンスが切れたついでにChemBioOffice15からChemBioOffice16に乗り換えた。

install Window

ここでインストーラーのこの画像を見てほしい。

ん?ActiveX for IE??

ActiveXといえば開発元であるMicrosoftがすでに放棄した技術だ。地方税電子申告サイトeLTaxのサイトがJavaからActiveXに移ったことで袋叩きにされていた。

toyokeizai.net

ついでにいうとお隣韓国でも大問題になっている

japanese.joins.com

私はC++erではあるが、決してWebに無知というわけではない(仮にもみらいけんのWebページを未だに作り続けている)。当然このようなdeprecatedな技術にはNOを突きつけるべきだ。

ところがだ。これを見てくれ。

ChemDraw Rquire AciveX

The ChemDraw Control Panel requires a supported version of the ChemDraw ActiveX Control.

Registry key not found:
CLSID\{B8350810-35B3-46F8-AA9B-FC649FFF06DF}\ImprocServer32

いやいや、まてよ、何でんなもんに依存していやがるんだ?.NET全盛のこの時代、んなもん使わんでもできることくらい知っているぞ?

しかし現実問題としてChemDraw - Live link機能が使えないとお話にならない。

やむを得ずChemDraw ActiveX for IEChem3D ActiveX for IEをインストールした。

ちなみにcop16.0.1.exeからは特定コンポーネントだけインストールと言うのができないゴミなので、7-zipとかで解凍して、./Windows/PerkinElmer/ChemOffice/PerkinElmer_ChemOffice_Professional_2016.msiを実行するべし。