読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumetodoの旅とプログラミングとかの記録

旅や登山の記録やプログラミング関連の話とかフリーソフト紹介とか

書きかけ:TsuboneSystemを試しにWindows10環境のlocalで動かしてみよう

node.jsとnpmの導入

更新の激しいnode.jsの導入をまさか公式のインストーラでやる輩はこの世に存在すまい。当然バージョン管理ソフトを使うべきだ。 Windowsだとnvmは利用できない(後述のmsys2上でもnvmのインストールはできるがそこからnode.jsをインストールできない)。というわけで

qiita.com

nodistを使う。まあnvm for Windowsでもいいのだが。

コマンドプロンプト

nodist dist

とすると、提供されているバージョンを一覧で表示できる。

nodist + latest

とすれば最新版が手に入る。執筆時点ではnode.jsは7.9.0が最新だった。あとは

nodist use latest

とすれば最新のnode.jsが利用できる。注意点として、どういうわけかpowershellで動かすとうまくいかない

そのままの勢いでnpmを最新にする。

npm update -g npm

これでよい。

MSYS2

  1. 7-Zipを落とす
    https://sevenzip.osdn.jp/
    より64bit版もしくは32bit版を
    既に入っている人も、2015/11/19に随分久しぶりに最新版が出たのでバージョンを上げるといいです
  2. 7zipをインストール
    ダブルクリックして実行すればいいです。
  3. msys2を落とす
    http://sourceforge.net/projects/msys2/files/Base/
    よりお使いのアーキテクチャ(おそらくはx86_64)をクリックしmsys2-base-[アーキテクチャ]-[日付].tar.xz を。exeの方は1回も使ったこと無いのでわかりません。
  4. 7-zipで解凍
  5. msys2_shell.cmdをダブルクリック、Close Windowと言われたらばってんを押して閉じる
  6. 再びmsys2_shell.cmdをダブルクリック、pacman -Syuuと打ち実行、また閉じる
  7. 再びmsys2_shell.cmdをダブルクリック、pacman -S mingw-w64-i686-clang mingw-w64-x86_64-clangとと打ち実行、また閉じる
  8. pacman -S base-devel mingw-w64-i686-openssl mingw-w64-x86_64-openssl mingw-w64-i686-go mingw-w64-x86_64-go gnupgする

そうしたら~/.bashrc

export GOROOT=${MINGW_PREFIX}/lib/go
export GOPATH=$HOME/.go

を追記します。GOPATHはまあどこでもいいんですが。

Tsubone System3を取ってくる

mingw64_shell.batを立ち上げ(なかったらmsys2_shell.cmd -mingw64)

$ go get -d github.com/kagucho/tsubonesystem3/
$ cd $GOPATH/src/github.com/kagucho/tsubonesystem3

する。この時、$GOPATH/src/github.com/kagucho/tsubonesystem3Windowsから見たパスを調べておく。

MariaDB

Download

まずはインストーラーを取ってくる必要がある。

今回はMariaDB 10.1.22 Stableを利用する。

Downloads - MariaDB

Downloads - MariaDB

からmariadb-10.1.22-winx64.msiをDownloadする。

GnuPG署名検証

Checksumをクリックして、GnuPGの署名をコピーし、mariadb-10.1.22-winx64.msiと同じ場所にmariadb-10.1.22-winx64.msi.sigとかしてテキストファイルを作り貼り付ける。

次にMariaDBのGPG公開鍵を取ってくる。

mariadb.com

にURLだけ載っているので、MSYS2を立ち上げ、

$ wget https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
$ gpg --quiet --with-fingerprint RPM-GPG-KEY-MariaDB

とする。

pub  1024D/1BB943DB 2010-02-02 MariaDB Package Signing Key <package-signing-key@mariadb.org>
 フィンガー・プリント = 1993 69E5 404B D5FC 7D2F  E43B CBCB 082A 1BB9 43DB
sub  4096g/672557E6 2010-02-02

このフィンガープリントが

GPG - MariaDB Knowledge Base

と一致していることを確認する。

そうしたら

$ gpg --import  RPM-GPG-KEY-MariaDB

として鍵を取り込み、

$ gpg -u <自分の公開鍵のid> --sign-key package-signing-key@mariadb.org

で署名する。自分の公開鍵のidは

$ gpg -k

すると

pub   4096R/FE05ED49 2017-03-23 [有効期限: 2019-03-23]
uid                  yumetodo <yume-wikijp@live.jp>
sub   4096R/830A7319 2017-03-23 [有効期限: 2019-03-23]

のように出て来るがこの場合FE05ED49がそれだ。ない場合は

qiita.com

この辺を見て作る。

さて、これで署名検証する準備ができた。Downlaodしたインストーラーのある場所に行く

$ cd <where you downlaod installer>
$ gpg --verify mariadb-10.1.22-winx64.msi.sig mariadb-10.1.22-winx64.msi
gpg: 2017年03月14日 05時37分47秒 JSTにDSA鍵ID 1BB943DBで施された署名
gpg: 信用データベースの検査
gpg: 最小の「ある程度の信用」3、最小の「全面的信用」1、PGP信用モデル
gpg: 深さ: 0  有効性:   2  署名:   1  信用: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 2u
gpg: 深さ: 1  有効性:   1  署名:   0  信用: 1-, 0q, 0n, 0m, 0f, 0u
gpg: 次回の信用データベース検査は、2019-03-23です
gpg: "MariaDB Package Signing Key <package-signing-key@mariadb.org>"からの正しい署名

検証終了だ。

Install

基本的には

mariadb.com

を見てインストールするべきだ。

インストールパスを変更したい場合はここでやる。

MariaDBの管理コンソールのrootユーサーのパスワードを設定する。好きなものを入れればいい

あとUse UTF8 as default server's character setは軽くググッた感じONにしたほうがいい気がする(あとで変えられそうだったのでまあ大した問題じゃないはず)

Port番号が3306とMySQLのWell Known Portになっているのは、MariaDBMySQLのforkだからだろうか。

DBの作成とデプロイ

まずはMariaDBのコンソールを立ち上げる。

私はWindows10のスタートメニューに耐えきれずにClassic Shellを入れているがまあMariaDBで検索すれば見つかるだろう。

CREATE DATABASE tsubonesystem;

する。;を忘れずに。

今度はCommand Prompt (MariaDB 10.1 (x64))を立ち上げて、$GOPATH/src/github.com/kagucho/tsubonesystem3Windowsから見たパスに移動する

"D:\Program Files\MariaDB 10.1\bin\mysql" -uroot -p tsubonesystem < test.sql

とするとデプロイできる。

msys2でnode.jsを使えるようにする

これが難儀した。まずmsys2のパッケージ管理システムであるpacmanで取ってこれるところにmingw-w64-x86_64-nodejsがある。これを利用すればいいと思うかもしれないが、まずnode.jsのバージョンがまだ6.x系だった。しかしそれが問題なのではない。ここでnpmを使おうとしてmingw-w64-x86_64-npmを入れようとしたら、そんなものはないという。

github.com

次にmsys2ならnvm使えるのでは?と思ったが、冒頭に書いたようにそうも行かない。

したがって、Windowsに普通にInstallしたnode.jsを利用することにした。

まずコマンドプロンプト

where node

とする。これでどこにnode.jsがインストールされているかわかる。私の場合は

C:\Program Files (x86)\Nodist\bin\node.exe

と表示されたのでC:\Program Files (x86)\Nodist\binにある。

次にmsys2のPATHにここを追加する。~/.bashrc

export PATH="/c/Program Files (x86)/Nodist/bin":$PATH

を追記してさらに、

$ cat "$NODIST_PREFIX/bin/nodist_bash_profile_content.sh" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

としてnodistを呼べるようにしつつ反映する。

注意点として、まれにnpm -g系のコマンドが上手くいかないことがあるので、globalをいじるのはmsys2のbashからではなくコマンドプロンプトからやるほうが無難である。

build

msys2のshellで

$ cd $GOPATH/src/github.com/kagucho/tsubonesystem3
$ make prepare
$ make

する。

それから

どうすればいいんだ?ブラウザで検証したいんだが・・・